万能包丁の切付包丁 磨き仕上げを販売しています
  • 土佐打刃物屋
  • 土佐刃物
    • トップページへ
    • お買物ガイド
    • よくあるご質問
    • 会社概要
    • サイトマップ
    • お問い合わせ
    • 買い物カゴの中
  • 包丁
  • 鉈(なた)
  • ナイフ
  • くじらナイフ
  • 切り出し小刀
  • 草刈り鎌
  • お手入れ用品
店長
いらっしゃいませ!
店長の奥宮義達です。土佐の鍛冶職人が一本一本丹念に鍛え上げた伝統の土佐打刃物を、どうぞごゆっくりご覧下さい。
土佐刃物
入荷してきた刃物は、一本一本店長自らの目で検品しています

切付包丁 磨き仕上げ 両刃

きりつけほうちょう みがきしあげ りょうば
切付 磨き仕上げ

何を切るのにも適した万能包丁

  • 万能包丁 切付包丁
  • 磨き仕上げ
  • 上品な雰囲気の磨き仕上げ
  • 柄にはクルミの木を使用
  • 扱いやすい両刃包丁
  • 化粧箱入り
土佐かじ屋 作
切付包丁 磨き仕上げ 両刃

【価格】(税込)
刃渡り18cm  9,500円
刃渡り21cm  10,500円
刃渡り24cm  12,500円


× - 完売しました


この商品のオススメポイント
万能包丁なので便利
研ぎやすい白鋼
扱いやすい両刃
店長の一押しコメント
店長おすすめ
先端を斜めにカットした包丁です。用途は牛刀と同じで何を切るにも適した万能型です。

切付包丁 磨き仕上げ

肉、野菜、魚、何を切るのにも適した万能型の包丁

切付包丁は主に関東地方で人気のある包丁で、牛刀と同じようにさまざまな用途でお使いいただける、万能型の包丁です。
中でも野菜を刻んだり、刺身を引いたりするのによく使われています。


刃の形状は牛刀とほぼ同じなのですが、背(ミネ)は直線で先端は背から刃先に向けて斜めにカットしています。
斜めにカットすることで通常の牛刀に比べて先端がより鋭くなり、刃先を使った細かい細工や作業、くり抜きなどにもお使いいただけます。


表面の仕上げは、全体を磨き上げた「磨き」仕上げ。
この磨き仕上げとは包丁の仕上げ方法のことで、製造過程で黒くなった刀身表面の黒い部分を、全て磨いたものを「磨き」といいます。
手造りの「味」がありながらも、上品で洗練された雰囲気が感じられる仕上がりです。


硬く、研ぎやすい「安来鋼 白鋼」を使用

刃の鋼は、安来鋼(やすきはがね)の「白鋼二号」を使用。
炭素が多く含まれているので鋭い切れ味が得られるのと、研ぎやすさとを兼ね備えた鋼です。


柄は、堅くて鍛冶職人オススメのクルミの木を使用。
刃の形状は「両刃」にしています。
両刃の包丁は、片刃に比べて欠けにくいことと、切るものに対して刃がまっすぐ入ることから、初級者から上級者まで扱いやすい包丁です。


サイズは、人気の高い刃渡り21cmを中心に、3サイズをご用意いたしました。
化粧箱にも入っていますので、お料理好きの方への贈り物にもピッタリです。


ちょっと変わった切付け型の万能包丁。
お料理にこだわる方にピッタリの、個性的で切れ味鋭い万能包丁です。



一本一本火造り鍛造で打刃物の良さを引き出す職人

土佐打刃物の郷である高知県香美市土佐山田町。
その土佐山田町から東へ車で約20分。のどかな田園風景が広がる香美市香北町に工房を構えるのが、梶原刃物製作所です。
梶原の「かじ」をとって、「土佐かじ屋」の名称でさまざまな包丁を制作しています。

鍛冶職人の梶原 務さんは昭和44年までの修行を経て跡を継ぎ、三代目となった鍛冶職人。
専門は包丁で、昔ながらの火造り鍛造で頑固な製品づくりを心がけている熟練の包丁鍛冶です。

「手造りだからこそ、一作業一作業が勝負」と語る鍛冶職人、梶原さん。

工房では、加熱し成形していく鍛造作業から仕上げの刃付け作業まで、一貫して職人が一本一本行っています。
大きなハンマーで鋼材を叩きながら成形していく様子は、まさに匠の技。
高温で熱せられ真っ赤になった鋼材が、火花を散らしながら形を変えていく様は美しくすらあります。

プレスで抜く工業品の刃物とは違い、火造り鍛造で造られた刃物は、刃の背の部分(ミネ)が柄に近いほど厚く、刃先に行くほど薄くなるのが特徴です。

お料理作りの良きパートナーとして長く使うことを考えると、「鍛造した鋼の持つ鋭い切れ味」という魅力は大きいと思います。
熟練の鍛冶職人が鍛えたこの包丁、長くご愛用いただけることを願っています。



この安さでこの切れ味、お買い得と思います

■ご購入品:切付包丁 両刃 磨き21cm/小柳刃包丁 両刃 磨き12cm
切付包丁・小柳刃包丁のご感想
水焼き包丁など複数持っており、あと万能的な包丁を探していてこの切付包丁を購入しました。切った感想はスパットと刃が入り連続切りでリズム感があり比較したものは妻が使用しているV金1号 牛刀で砥ぎも私がセラミック砥石と名倉砥石で砥いてますが鋼包丁にはかないません。
包丁は数持ってますが万能的なこの包丁の出番が多くなると思います。

もうひとつ購入したペティナイフ 小柳刃磨きは果物など小物を切る時の使用が多いと思いますが、魚のハゼとキスを松葉おろしにするときに使えないかと思い購入しました。今は小出刃の12cm(片刃)を飲む時に使うストローが連続斜め切りが出来るぐらい刃を付け使用しています。小魚はかなり切れないと身がきれいに取れませんね。研ぎ直し早く挑戦したいですね。

この安さでこの切れ味、お買い得と思います。
先が斜めに切ってあり菜切り包丁とは違い男っぽいところも気に入りました。
(三重県 M様)
中砥で調整を施した結果、ものすごく良く切れる包丁になりました。

■ご購入品:切付包丁 両刃 磨き21cm
切付包丁のご感想
受注生産とのことで、約2週間後にようやく届きました。
アルバイト先で、魚を捌いたり、野菜や、肉類を扱うことが多かったので、これを選びました。
ちなみに、居酒屋です。

梱包も非常に丁寧で、そこからも刃物に対する想いが伺えます。

使いはじめてまだ数日ですが、切れ味にも問題はなく、良く切れます。最初から、刃付けが施されていたようですが、少し物足りなさを感じたので、中砥で調整を施しました。その結果、ものすごく良く切れる包丁になりました。最初の数回は、全く刃が付かず、研ぐのに苦労しましたが、今では、スパスパ切れます。長切れしてくれるので、重宝してます。
調子に乗りすぎて、指まで切ってしまいましたが、料理が一段と楽しくなったことは、言うまでもありません。
いい買い物ができて、とても満足です(三重県 M様)
切付包丁のご感想
切付包丁のご感想

仕様

安来鋼 白鋼 二号(割り込み)
クルミの木とプラスチック
両刃
利き腕
右利き用

  • 一本一本手作りのため、サイズに若干の誤差がある場合がございます。ご了承下さい。
  • 凍ったままの冷凍食品はお切りにならないようお願い申し上げます。
  • 食洗器や乾燥機はご使用いただけません。
  • 表面には錆び防止のため、職人が手作業で薄くニスを塗っています。このため刃全体に光沢がありますが、そのままご使用いただいても全く問題ございません。
  • 表面に小さなキズがあるように見える場合がありますが、ニスについた細かいほこりや擦れですので、お使いいただいているうちに自然と消えていきます。
    ≫詳細はこちら
■刃付けについて

ご家庭でそのままご使用になるのに十分な刃を付けてありますので、届いてすぐにお使いいただけます。

※なお、あまり刃を付け過ぎると欠けやすくなるという問題点がございます。当店では、幅広い層のお客様にお使いいただけるよう、出荷時の刃は、欠けにくさと切れ味のバランスを考えた刃付けを鍛冶職人に一任しております。

名入れできます

名入れについて

名入れのご案内熟練した名入れ専門職人が、タガネと金づちを使って一文字一文字、丁寧に手彫りしています。長年の経験と勘で掘っていきますので、機械では出ない味のある文字となります。

ご注文受領後、名入れ文字の変更やキャンセルはできません。ご希望文字に間違いがないか、よくご確認のうえご注文ください。

文字・料金・日数について

▼文字数

5文字 まで
(アルファベットの場合も半角全角の区別なく5文字まで)

▼料金

一本に付き、一律 500円(税込)

▼納期

通常、5営業日以内に出荷
お振込みの場合、ご入金確認後から5営業日となります。

名入れ工房は、土日・祝祭日、お盆期間、年末年始は休みです。

▼使用可能文字

漢字、ひらがな、カタカナ、アルファベット、数字

書体の指定はできません。

画数の多い文字は、拡大鏡で見ながら掘りますが、一部細い線となり肉眼では見えにくい(省略されたように見える)事もございます。

アルファベットは曲線が多いため、型を使用しています。

記号は、「−(ハイフン)」や「/(スラッシュ)」、「+(プラス)」など直線かつ簡単なものなら可能ですが、特殊文字や「☆」「♪」などのマークや絵文字はお受けできません。

基本的に、漢字・かなは「縦書き」、アルファベットは「横書き」となります。(但し、くじらナイフ・くろねこミニナイフは文字の種類に関わらず「横書き」となります。)

手彫りのため、文字ごとの大きさや幅は、画数等により不揃いになることもございます。

名入れ位置

包丁(両刃)

包丁(片刃)

両刃包丁の名入れ位置

片刃包丁の名入れ位置

ナイフ

ナイフの名入れ位置

鉈の名入れ位置

くろねこナイフ

くじらナイフ

くろねこミニナイフの名入れ位置

くじらナイフの名入れ位置
※文字数等により入る場所が異なるため職人お任せとなります

名入れ例

手彫りのため、文字ごとの大きさや幅は、画数等により不揃いになることもございます。ご了承ください。

名入れ例
※アルファベットは型を使用しています

名入れ例

名入れ例

名入れ例

名入れお申込み方法

(1)
商品を買い物かごに入れて、「注文手続き」にお進みください。
ご注文手続きへ進みます
(2)
名入れ入力欄が表示されますので、ご希望の文字をご入力ください(料金は最終画面で自動計算されます)。

※セット商品の場合、すべての商品に同じ文字が入ります。商品ごとに異なる場合はわかるように記入してください。
(例)三徳包丁と子供用包丁のセットの記入例 → 三徳:花子 子供用:太郎

■在庫について

ご注文が集中した場合など、「在庫あり」となっていても入れ違いで品切れとなる場合があります。また、ご注文個数によっても入荷待ちとなる場合があります。

また品切れの際は、速やかに「入荷待ち」もしくは「品切れ」表示に変更するようしていますが、手作業での変更のためタイムラグが生じます。

入れ違いで品切れの場合、ご注文を承り後ご案内します。何卒ご了承ください。

在庫数表示がある商品

カートから注文を送信完了した時点で在庫が減る仕組みになっておりますため、タイミングによっては入れ違いで品切れとなる場合もございますこと、ご了承ください。

品切れの場合は、ご注文を承り後ご案内します。

入荷日数の目安

包丁・小刀:入荷未定
鉈・ナイフ:約2〜3ヶ月以内
くじらナイフ・犬&猫ミニナイフ:約1〜2ヶ月以内

※品切れ中でも予約可能な商品は、商品ページにてご予約注文をお受けしています。予約受付中となっていない商品は、次の入荷が全く未定のためご予約はお受けしていません。何卒ご了承ください。

■返品・交換について

お届けした商品がご注文の品以外だった場合や不良品、破損していた場合は、速やかに返品・交換させていただきます。

その際の送料は、当方の負担とさせていただきますので、必ず事前連絡うえ、運賃着払にてご返送ください(事前連絡の無い場合はお受け取りできない事もございます)。

お客様のご都合による返品・交換は、未使用品でお買上げから1ヶ月以内であればお受けしています。なお返品、交換にかかる送料等はお客様のご負担でお願いいたします。

名入れをした商品や受注生産の商品は、お客様のご都合による返品・交換をお受けしておりません。何卒ご了承ください。

詳しいご案内はこちら

■アフターフォロー

当店でお買い上げいただいた刃物に限り、往復の送料をご負担いただければ、その刃物を制作した職人が研ぎ直しいたします。研ぎ直し自体の料金は無料です(※一部、有料有り)。

「刃こぼれした」「切れ味が鈍くなったけど自分では研げない」

といった場合、お気軽にお問い合わせ下さい。折り返し手順などをご案内いたします。その他修理についてもお気軽にお問い合わせください。

往復の送料はお客様のご負担となります。

当店でお買い上げいただいた刃物に限ります(他店で購入された刃物の研ぎ直しや修理はできません)。

程度等によっては研ぎ直しできない場合もございます。

研ぎ完了までの期間は、鍛冶職人の仕事の混み具合によって変わってきますが、だいたい10日〜2週間ほどをご予定下さい。

ご購入時と同程度の刃付けとなります(特別な仕上げはお受けしておりません)。

まずはメールにてお気軽にお問い合わせ下さい(担当が店舗にいないことが多いため、なるべくメールでお願いします) 。
E-mail:order@utihamono.com

お支払い方法

送料

ギフト包装承ります

領収書発行承ります




ご購入はこちらから

切付包丁 磨き仕上げ 両刃

八寸
刃渡り24cm 右利き用柄
12,500円(税込)

全長 :約40cm
刃渡り:約24cm

注文数
【サイズについて】
一本一本手づくりのため、各サイズには多少のばらつきがございます。あらかじめご了承ください。

【製作】梶原刃物製作所

鍛冶職人 梶原務

一本一本火造り鍛造で打刃物の良さを引き出す職人、梶原 務

梶原 務、昭和23年生まれ。
昭和44年までの修業を経て跡を継ぎ、三代目の鍛冶職人となる。

専門は包丁や小刀で、土佐打刃物の特徴である自由鍛造(自由な形で刃物を造りあげる技術)を駆使し、一般家庭で使われる包丁から業務用の特殊包丁まで、さまざまな種類の包丁を鍛造している鍛冶職人です。

趣味はマラソン。年に数回全国のマラソン大会に参加し、100キロマラソンにも参加するなど、アスリートの一面も持っています。

令和3年に引退され、現在は義子が4代目として受け継ぎ製作しています。

ー鍛冶職人より一言ー

町の小さな鍛冶屋が火造りをしているので大量生産はできませんが、土佐伝統の自由鍛造で頑固な製品づくりを心がけています。

鍛冶職人 梶原務
匠の技

こちらもおススメ