レッドオルカ/red orcaのコラボ製品プラスワン剣鉈を販売しています
  • 土佐打刃物屋
  • 土佐刃物
    • トップページへ
    • お買物ガイド
    • よくあるご質問
    • 会社概要
    • サイトマップ
    • お問い合わせ
    • 問合せ先
    • 送料
    • 買い物カゴの中
  • 包丁
  • 鉈(なた)
  • ナイフ
  • くじらナイフ
  • 切り出し小刀
  • 草刈り鎌
  • お手入れ用品

レッドオルカ
>>究極の本焼き レッドオルカ

目的から探す

種類から探す
刃物の一覧から探す


腰鉈、剣鉈
腰鉈/剣鉈/斧一覧

レッドオルカ剣鉈
レッドオルカ+1剣鉈
剣鉈(磨き)
剣鉈(黒打)
腰鉈(磨き)
腰鉈(黒打)
竹割り鉈
万能腰鉈 鷹
土佐源流鉈 藪薙
海老鉈 並型
先刃型 枝打ち鉈
銀杏刃型 切斧
剣鉈 革ケース


knifeナイフ一覧
ナイフ一覧



草刈り鎌
草刈り鎌一覧



くじらナイフ
くじらナイフ一覧



可愛いミニナイフ
ねこ&いぬナイフ



切り出し小刀
小刀・ミニナイフ



庖丁
包丁一覧



庖丁セット
包丁ギフトセット一覧



砥石
砥石(といし)



椿油
お手入れ用 椿油



まな板
ひのきまな板




用途から探す
用途から探す


▼包丁を使う
便利な万能タイプ
魚を調理する
野菜を切る
お子様用に
包丁セットを贈る
サビに強い包丁
ひのきまな板
砥石で刃を研ぐ

▼ナイフ・鉈を使う
釣りやキャンプに
山仕事や狩猟用
庭のお手入れ
かわいいナイフ
木工や竹細工に
刃を長持ちさせる



価格から探す
1〜2,999円
3,000〜4,999円
5,000〜9,999円
10,000円〜


鋼の種類から探す
青鋼(青紙)二号
白鋼(白紙)二号



鍛冶職人
鍛冶職人紹介

鍛冶職人 秋友 義彦
鍛冶職人 尾田 孝広
鍛冶職人 梶原 務
鍛冶職人 上村 健太郎
鍛冶職人 山下 哲
鍛冶職人 世ノ本 貢



【刃物について】
土佐打刃物について
打ち刃物豆知識
お手入れ・保管方法
包丁の研ぎ方



【土佐打刃物屋】
当店のご案内
法律に基づく表記
個人情報取り扱い
お買物ガイド
FAX・メール注文
お問い合わせ



お客様の声
>>お客様からのご感想

ギフト包装のご案内
>> ギフト包装のご案内

名入れのご案内
>> 名入れのご案内



FAX・メールでのご注文はこちら
>> FAXやメールでご注文

お問い合わせはこちら
>> お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
電話でお問合せ・ご注文
0887-52-9520
<TEL受付時間>
月〜金12:00-18:00



メールマガジン
メールマガジンの登録/解除


土佐打刃物屋Facebookページ
いいね!して頂けると嬉しいです!

店長
いらっしゃいませ!
店長の奥宮義達です。土佐の鍛冶職人が一本一本丹念に鍛え上げた伝統の土佐打刃物を、どうぞごゆっくりご覧下さい。
土佐刃物
入荷してきた刃物は、一本一本店長自らの目で検品しています

キャッシュレス還元
当店は還元事業加盟店です

redorca+1剣鉈

れっどおるか ぷらすわん けんなた
レッドオルカ プラスワン 剣鉈
redorca

レッドオルカのコラボ土佐剣鉈

レッドオルカ/redorca+1剣鉈
【価格】(税込)
刃渡り24cm(八寸)  44,800円
刃渡り30cm(一尺)  46,800円


この商品のオススメポイント
多目的に使えるシンプルな形状
青鋼
丈夫なケース付
店長の一押しコメント
店長おすすめ
レッドオルカ(redorca)と上村鍛造所の二代目がコラボした新しいレッドオルカ、redorca+1(レッドオルカプラスワン)の剣鉈です。

レッドオルカ プラスワン剣鉈

二人の職人のコラボレーションで誕生した新型和式ナイフ

人気のナイフブランド、レッドオルカ(redorca)の秋友さんと、伝統工芸士の父を師匠に持つ、上村鍛造所の二代目鍛冶師、上村さんとのコラボで生まれた土佐剣鉈です。
ちなみに、「レッドオルカ/red orca」というブランド名は、レッドオルカの販売責任者、秋友祥造さんが好きだという鯱(シャチ)にちなんで付けられています。


秋友さんが企画を立ち上げ始まった、この「redorca+1(レッドオルカプラスワン)」。
この剣鉈は、柄とケースの部分を秋友さんが、ブレード(刃)の部分は上村さんが制作しています。


狩猟や山仕事などで活躍する、和式ナイフの剣鉈。
その用途は多彩で、山に入った時は、枝打ちや藪払い、木のツル切りから、狩猟時の解体や熊対策など、非常に多岐にわたります。また、キャンプや渓流釣りなどのアウトドアシーンでも、細めの薪を割ったり、ロープを切ったりと幅広く活躍します。


洗練された雰囲気の「磨き仕上げ」

表面の仕上げは、全体を磨き上げた「磨き」仕上げ。
この磨き仕上げとは刃物の仕上げ方法のことで、製造過程で黒くなった刀身表面の黒い部分を全て磨いたものを「磨き仕上げ」といいます。
手造りの「味」がありながらも、上品で洗練された雰囲気が感じられる仕上がりです。


趣味で狩猟をするというある鍛冶職人に聞くと、狩猟には刺したときに抜けやすい「磨き仕上げ」の方が向いているという意見もあるそうです。
また、刃先の背側(持ったとき上にくる側)にも、刃のような角度を付けているため、刺したときにスムーズなくい込みが得られます。


刃は「両刃」ですので、手を持ち替えての使用もOK。左利きの方もそのままお使いいただけます。両刃の刃物は、切るものに対して刃がまっすぐ入ることから、初級者から上級者まで扱いやすい刃物です。(但し、ケースは左腰装着用(右利き用)です。)


丈夫で本格的なケース付き

刃の鋼は、安来鋼(やすきはがね)の高級鋼「青鋼」を使用。
長切れし、高い硬度と粘り強さを兼ね備えた鋼で、一度刃を付けてしまえば、長い間切れ味が持続するという特徴があります。


柄には上品な花梨(カリン)を使用。
太めなのでしっかりと握れ、長さもあるので両手でも持つことが可能です。
刃と柄の間には、真鍮製ヒルト(つば)が取り付けられているので、誤って指を切ってしまう心配はありません。


剣鉈を納めるケースは、軽くて丈夫。
高い耐衝撃性に加え、耐薬品性、難燃性など多くのすぐれた特性を持つ、カイダックという素材で制作されています。
そして、そのカイダックケースに取り付ける新バサラ牛革バンド付き。
牛革バンドには、ワンポイントでレッドオルカの刻印が施されており、何ともいえない「渋い」雰囲気に仕上がっています。


また、ケースはベルト通し付きなので、腰につけての移動も可能です。
このベルト通しがとても良くできていて、腰に装着したときに、侍の刀のように体に対して斜めに装着できるように設計しているんです。このため、通常の剣鉈よりも、ケースから抜きやすくなっています。


二人の職人のコラボレーションで生み出された新型和式ナイフ。
さまざまなアウトドアシーンで、末永くお付き合いいただきたい山の必携アイテムです。



仕様

割り込み青鋼二号
両刃
花梨(カリン)
ケース
カイダックケース+牛革バンド
ベルト巾
6cm前後までOK
利き腕
左右共通
  • 一本一本手作りのため、サイズに若干の誤差がある場合がございます。
  • 革ケースの色は、若干異なる場合がございます。

名入れできます

名入れについて

名入れのご案内熟練した名入れ専門職人が、タガネと金づちを使って一文字一文字、丁寧に手彫りしています。長年の経験と勘で掘っていきますので、機械では出ない味のある文字となります。

ご注文受領後、名入れ文字の変更やキャンセルはできません。ご希望文字に間違いがないか、よくご確認のうえご注文ください。

文字・料金・日数について

▼文字数

5文字 まで
(アルファベットの場合も半角全角の区別なく5文字まで)

▼料金

一本に付き、一律 500円(税込)

▼納期

4〜5営業日後に出荷
お振込みの場合、ご入金確認後から4〜5営業日となります。

名入れ工房は、土日・祝祭日、お盆期間、年末年始は休みです。

▼使用可能文字

漢字、ひらがな、カタカナ、アルファベット、数字

書体の指定はできません。

画数の多い文字は、拡大鏡で見ながら掘りますが、一部細い線となり肉眼では見えにくい(省略されたように見える)事もございます。

アルファベットは曲線が多いため、型を使用しています。

記号は、「−(ハイフン)」や「/(スラッシュ)」、「+(プラス)」など直線かつ簡単なものなら可能ですが、特殊文字や「☆」「♪」などのマークや絵文字はお受けできません。

基本的に、漢字・かなは「縦書き」、アルファベットは「横書き」となります。(但し、くじらナイフ・くろねこミニナイフは文字の種類に関わらず「横書き」となります。)

手彫りのため、文字ごとの大きさや幅は、画数等により不揃いになることもございます。

名入れ位置

包丁(両刃)

包丁(片刃)

両刃包丁の名入れ位置

片刃包丁の名入れ位置

ナイフ

ナイフの名入れ位置

鉈の名入れ位置

くろねこナイフ

くじらナイフ

くろねこミニナイフの名入れ位置

くじらナイフの名入れ位置
※文字数等により入る場所が異なるため職人お任せとなります

名入れ例

手彫りのため、文字ごとの大きさや幅は、画数等により不揃いになることもございます。ご了承ください。

名入れ例
※アルファベットは型を使用しています

名入れ例

名入れ例

名入れ例

名入れお申込み方法

(1)
商品を買い物かごに入れて、「注文手続き」にお進みください。
ご注文手続きへ進みます
(2)
名入れ入力欄が表示されますので、ご希望の文字をご入力ください(料金は最終画面で自動計算されます)。

※セット商品の場合、すべての商品に同じ文字が入ります。商品ごとに異なる場合はわかるように記入してください。
(例)三徳包丁と子供用包丁のセットの記入例 → 三徳:花子 子供用:太郎

■在庫について

ご注文が集中した場合など、ホームページ上で「在庫あり」となっていても、入れ違いで品切れとなる場合があります。また、ご注文個数によっても入荷待ちとなる場合があります。

また品切れの際は、速やかに「入荷待ち」もしくは「品切れ」表示に変更するようしていますが、手作業での変更のためタイムラグが生じます。

入荷待ちとなる場合、ご注文を承り後ご案内します。何卒ご了承ください。

在庫数表示がある商品

表示数以上ご注文や、在庫:0点の場合のご注文は入荷待ちとなります。

なお、カートから注文を送信完了した時点で在庫が減る仕組みになっておりますため、タイミングによっては入れ違いで品切れとなる場合もございますこと、ご了承ください。

入荷待ちとなる場合は、ご注文を承り後ご案内します。

入荷日数の目安

包丁・小刀:約1〜2ヶ月以内
鉈・ナイフ:約1〜2ヶ月以内
レッドオルカ:約2ヶ月以内
くじらナイフ・くろねこミニナイフ:約1ヶ月以内

■返品・交換について

お届けした商品がご注文の品以外だった場合や不良品、破損していた場合は、速やかに返品・交換させていただきます。

その際の送料は、当方の負担とさせていただきますので、必ず事前連絡うえ、運賃着払にてご返送ください(事前連絡の無い場合はお受け取りできない事もございます)。

お客様のご都合による返品・交換は、未使用品でお買上げから1ヶ月以内であればお受けしています。なお返品、交換にかかる送料等はお客様のご負担でお願いいたします。

名入れをした商品や受注生産の商品は、お客様のご都合による返品・交換をお受けしておりません。何卒ご了承ください。

詳しいご案内はこちら

■アフターフォロー
(研ぎ直し無料)

当店でお買い上げいただいた刃物に限り、往復の送料をご負担いただければ、その刃物を制作した職人が研ぎ直しいたします。研ぎ直し自体の料金は無料です。

「刃こぼれした」「切れ味が鈍くなったけど自分では研げない」

といった場合、お気軽にお問い合わせ下さい。折り返し手順などをご案内いたします。その他修理についてもお気軽にお問い合わせください。

往復の送料はお客様のご負担となります。

当店でお買い上げいただいた刃物に限ります(他店で購入された刃物の研ぎ直しや修理はできません)。

程度等によっては研ぎ直しできない場合もございます。

研ぎ完了までの期間は、鍛冶職人の仕事の混み具合によって変わってきますが、だいたい10日〜2週間ほどをご予定下さい。

ご購入時と同程度の刃付けとなります(特別な仕上げはお受けしておりません)。

まずはメールにてお気軽にお問い合わせ下さい(担当が店舗にいないことが多いため、なるべくメールでお願いします) 。
E-mail:order@utihamono.com

お支払い方法

送料

ギフト包装承ります

領収書発行承ります



ご購入はこちらから


redorca+1剣鉈

八寸
刃渡り24cm
44,800円(税込)

全長:約42cm
刃長:約24cm
刃幅:約4cm
背厚:約5mm

注文数

一尺
刃渡り30cm
46,800円(税込)

全長:約48cm
刃長:約30cm
刃幅:約4cm
背厚:約6mm

注文数
【サイズについて】
一本一本手づくりのため、各サイズには多少のばらつきがございます。あらかじめご了承ください。

職人紹介

鍛冶職人 秋友義彦

秋友義彦、昭和19年生まれ。
中学を卒業後、二代目秋友 義光に師事。
昭和39年に三代目を襲名する。

秋友祥造、昭和49年生まれ。
三代目秋友義彦を父に持ち、伝統の甲伏せ造りをレッドオルカというブランドに育てる。

中学を卒業後、父である二代目秋友義光に師事し、昭和39年に三代目を襲名した秋友義彦は、「他にはない物を造りたい」という想いから1995年に甲伏せ造りにたどりつき、このレッドオルカを生み出す。

甲伏せ造りとは、日本刀と同じ製法で、高度な技術と経験が求められる難しい技法である。


−鍛冶職人より一言−


安来鋼で「甲伏せ造り」が出来る鍛冶屋は他になかなかいません。
手打ち鍛造と、工業製品の違いを感じていただけたら嬉しいです

レッドオルカ


職人紹介

鍛冶職人 上村健太郎

上村健太郎、1973年12月生まれ。
土佐匠、伝統工芸士の父、芳雄氏に師事。
職人歴は約30年と、鍛冶屋業界では若い方ながらベテランの域である。
趣味は海釣り。


−鍛冶職人より一言−

全て鍛接して製造。
拘りを持って刃物を作ってます。
これからも、使ってくれる方にとって良い刃物を作って行きたいと思います。

二代目鍛冶師

こちらもおススメ