鍛冶職人 山下哲が鍛えた土佐刃物
  • 土佐打刃物屋
  • 土佐刃物
    • トップページへ
    • お買物ガイド
    • よくあるご質問
    • 会社概要
    • サイトマップ
    • お問い合わせ
    • 問合せ先
    • 送料
    • 買い物カゴの中
  • 包丁
  • 鉈(なた)
  • ナイフ
  • くじらナイフ
  • 切り出し小刀
  • 草刈り鎌
  • お手入れ用品

目的から探す

種類から探す
刃物の一覧から探す


用途から探す
用途から探す


▼包丁を使う
便利な万能タイプ
魚を調理する
野菜を切る
お子様用に
包丁セットを贈る
サビに強い包丁
ひのきまな板
砥石で刃を研ぐ

▼ナイフ・鉈を使う
釣りやキャンプに
山仕事や狩猟用
庭のお手入れ
かわいいナイフ
木工や竹細工に
刃を長持ちさせる


庖丁
包丁一覧

出刃包丁 一覧
 ├ 出刃包丁一覧
 ├ 相出刃/薄出刃一覧
 └ 小出刃包丁一覧
柳刃包丁 一覧
万能包丁 一覧
 ├ 三徳包丁 一覧
 ├ 牛刀 一覧
 ├ 舟行包丁 一覧
 ├ 切付包丁
 ├ ペティナイフ一覧
 ├ ミニ包丁 一覧
 └ 子供用包丁 一覧
薄刃/菜切り包丁一覧
うなぎ包丁 一覧
うなぎ用 目打ち
蛸引き包丁
鰹(カツオ)包丁
アジ切り包丁
収穫菜切り包丁
アウトドア包丁
料理スタートセット

タイプから選ぶ
多層鋼包丁 一覧
磨き包丁 一覧
黒打ち包丁 一覧
ステンレス包丁 一覧
左利き用包丁 一覧


庖丁セット
包丁ギフトセット一覧



腰鉈、剣鉈
腰鉈/剣鉈(和式ナイフ)一覧

レッドオルカ剣鉈
剣鉈(磨き)
剣鉈(黒打)
腰鉈(磨き)
腰鉈(黒打)
海老鉈 並型
万能腰鉈 鷹
土佐源流鉈 藪薙
竹割り鉈
剣鉈 革ケース


knifeナイフ一覧
ナイフ一覧

レッドオルカ
 ストレートナイフ

レッドオルカ
 甲伏せナイフ富士

多層鋼 アウトドア渓流
 ナイフ 雅(ロープ巻)

多層鋼アウトドア渓流
 ナイフ 遊(樫の木柄)

渓流ナイフ 冴(ロープ巻)
渓流ナイフ 爽(ロープ巻)
渓流ナイフ 楽(樫の木柄)
渓流型ミニナイフ
捌き型ミニナイフ
ナガサ型ミニナイフ


草刈り鎌
草刈り鎌一覧

草刈り鎌 薄鎌
ガーデニング草刈り鎌


くじらナイフ
くじらナイフ一覧

マッコウクジラ
ミンククジラA
ミンククジラB
ナガスクジラ
ニタリクジラ
専用ケース


クロネコミニナイフ
くろねこミニナイフ

くろねこミニナイフ
ミニナイフ用ケース


切り出し小刀
切り出し小刀一覧

小刀 直刃型
小刀 曲刃型
竹割り小刀
小刀 多層鋼
小刀 本職用 磨き
彫金小刀 鶴亀
彫金小刀 竹と虎
彫金小刀 昇竜


砥石
砥石(といし)



椿油
お手入れ用 椿油



まな板
ひのきまな板




価格から探す
1〜2,999円
3,000〜4,999円
5,000〜9,999円
10,000円〜


鋼の種類から探す
青鋼(青紙)二号
白鋼(白紙)二号



鍛冶職人
鍛冶職人紹介

鍛冶職人 秋友 義彦
鍛冶職人 尾田 孝広
鍛冶職人 梶原 務
鍛冶職人 山下 哲



【刃物について】
土佐打刃物について
打ち刃物豆知識
お手入れ・保管方法
包丁の研ぎ方



【土佐打刃物屋】
当店のご案内
法律に基づく表記
個人情報取り扱い
お買物ガイド
FAX・メール注文
お問い合わせ



お客様の声
>>お客様からのご感想

ギフト包装のご案内
>> ギフト包装のご案内

名入れのご案内
>> 名入れのご案内



FAX・メールでのご注文はこちら
>> FAXやメールでご注文

お問い合わせはこちら
>> お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
電話でお問合せ・ご注文
0887-52-9520
<TEL受付時間>
月〜金12:00-18:00



メールマガジン
メールマガジンの登録/解除


土佐打刃物屋Facebookページ
いいね!して頂けると嬉しいです!

店長
いらっしゃいませ!
店長の奥宮義達です。土佐の鍛冶職人が一本一本丹念に鍛え上げた伝統の土佐打刃物を、どうぞごゆっくりご覧下さい。
土佐刃物
入荷してきた刃物は、一本一本店長自らの目で検品しています
鍛冶職人 山下哲

鍛冶職人 山下哲

鍛冶職人 山下哲
伝統工芸士 山下哲
昭和23年生まれ。30才の時に後を継ぎ、二代目の鎌(カマ)鍛冶職人となる。

周りを山に囲まれた、静かな山間の香美市新改地区。その道沿いに山下鍛冶の工房はあります。

このあたりは今も、自宅の横などに作業場を設けて鍛冶業を営んでいる職人が点在する地域。

山下哲さんは、その地域で長い間、伝統を守りながら土佐刃物を打ち続けてきた鍛冶職人の一人です。

作品は、今ではクジラナイフが有名ですが、元々は鎌の職人さんです。


平成7年に依頼を受けて、考案、作成したクジラ型のナイフが人気を博し、「第一回高知・おみやげ品づくりコンクール」では、100件を超える応募の中から佳作に選ばれる。

また、2004年に開かれた「第18回ニッポン全国むらおこし展」では、最高賞の経済産業大臣賞を受賞しています。

他にも、鍛冶職人自身が山歩きや山菜採りを趣味にしている関係から、現場の目で見て産まれた山菜ナイフは多数の雑誌でも取り上げられました。

2002年、「伝統工芸士」の資格を取得。
2008年には県から「土佐の匠(たくみ)」の認定を受ける。


−鍛冶職人より一言−

町の鍛冶屋が一人で火造りをしているので大量生産はできませんが、伝統を守って昔とかわらぬ造り方にこだわり、「ふいご」を使って焼き入れをし、一本一本心をこめて打っています。
山下哲

手作りで鍛造しています
火造り鍛造



▼ 山下鍛冶の製品一覧



土佐打刃物とは

高知が「土佐」と呼ばれていた頃から脈々と続く伝統工芸土佐打ち刃物。

高知は暖かく雨が多いため良木に恵まれ、昔から全国に多くの木材を搬出してきました。その木材の伐採に必要なため、古くから打ち刃物が造られ、使用されてきたというルーツがあります。

また、鎌倉時代の後期(1300年頃)に大和国(現在の奈良県)から刀鍛冶が移り住んだことにより、その刀鍛冶の技術と、土佐にもともとあった農業や山林用の打刃物の技術とが相まって発展してきたようです。

土佐打刃物としての本格的な始まりは、江戸時代、土佐藩の財政難による元和(げんな)改革(1621年)から始まります。土佐藩の家老「野中兼山」が進める農業、山林収益策によって木材の伐採や新しい田んぼ作りが活性化していきました。これに伴い農業、林業用の打刃物の需要も大幅に伸び、品質や技術が飛躍的に向上したといわれています。

よく他の産地との違いを聞かれるのですが、一般的に土佐刃物は鍛造から刃付け、仕上げまでを職人が一貫して行うため、自由度が高く「自由鍛造」とも呼ばれています。また、分業体制の刃物に比べて比較的お求めいただきやすい価格で、普段使いにピッタリの刃物となっています。

こうして時代の流れに合わせて発展を続けてきた土佐打ち刃物。
その伝統的な鍛造技術は、現代にも脈々と受け継がれています。